喪服男性喪服女性

親族として葬儀に参加することになった。”正式な喪服”を着用しなくては。

でも、服装や髪形ってどうすればいいの?”正式な喪服”ってなに?こんな服装は故人・お客様に失礼にならない?「ブラックフォーマル」ってこれであってる?

葬儀が始まる前に、もう一度自分の身なりのチェックをしてみよう!

ブラックフォーマルとは?

「ブラックフォーマルスーツ」直訳すると、「黒い格式ある服」。つまり、日常着ではない、改まった装いの礼服を指します。冠婚葬祭時に相応しい黒い衣服。それを総称して「ブラックフォーマル」と呼ばれています。

「冠婚葬祭」用ですので、ブラックフォーマルの中にも喪服に相応しくないものもありますので、注意しましょう。

喪服には絶対にNG!

①殺生をイメージさせるもの
・毛皮
・直観的に動物の皮とわかるもの(クロコ等)
②光沢のあるもの
③2連ネックレス等 「重なる・連なる」ものは「不幸が重なる」とされているため、避けましょう。
④肌の露出が多いもの

親族女性の服装・髪型

【服装】
①和服 黒無地染め抜きの五つ紋付。帯は黒無地で、足袋は白・草履は黒を着用する。
②洋服 ワンピース・アンサンブル・ツーピース。全身黒で統一しましょう。また、体のラインがわかりにくいものにします。親族は立ったり座ったりが多いので、フレアスカートがおすすめです。スカート丈はひざ下からふくらはぎの間にします。
襟元は詰まったもので。
ノースリーブワンピースなどの喪服もありますが、肌の露出を避けるため、薄手のジャケットなどを組み合わせましょう。袖は長袖が原則ですが、夏場は七分袖(肘が隠れるくらい)でもOKです。

【鞄】
黒い光沢のない布製の物。

【パンプス】
黒い光沢のない布製の物。

【ストッキング】
黒。お通夜は肌色OK。タイツを選ぶときには網目模様の目立たない無地を選ぶ。

【コート着用の場合】
黒やグレーの控えめなものがあれば。光沢のあるボタンがついてないものがあればベストです。殺生をイメージする、ファーがついているものは厳禁です。コートは会場に入る前に脱ぐようにしましょう。

【髪型】
清潔感のある髪型を心がけましょう。
ロングヘアの方は、焼香やお辞儀の際にバサッと広がらないように髪を纏めましょう。耳よりも下、後頭部の低い位置でシンプルに纏めましょう。ゴムやバレッタは黒で統一してください。

【メイク】
ナチュラルメイクでまとめましょう。アイメイク・チークも派手な色は使わず、ベージュ系でシンプルにまとめるのがベストです。
「ナチュラルメイク≠ノーメイク」です。ノーメイクは失礼に当たりますのでご注意ください。

【アクセサリー】
弔辞の場では、結婚指輪以外は着用しないのが一般的です。
アクセサリーを身に着ける場合、「涙を流す」とされるパールのネックレス(白・黒)にしましょう。その場合にも、1連ネックレスとイヤリング・ピアスのみに留めます。「不幸を重ねる」ということから、二連・三連ネックレスは葬儀にはふさわしくないとされています。

親族男性の服装・髪型

【服装】
①和服 黒羽二重の染め抜きで黒紋付き(五つ紋付)の長着と羽織に、仙台平か博多平の袴です。半襟は黒またはグレー、羽織紐は黒か白、角帯は地味ものを選びましょう。足袋は白か黒、草履は白か黒の鼻緒で畳表のものを履きます。
②洋服 シングルorダブルのブラックスーツ。略礼服と考えられていますが、最近では喪主でもブラックスーツを着用する人が増えてきました。ワイシャツは白無地、ネクタイは光沢のない黒のものを着用し、ネクタイピンはつけません。黒くて光沢のない革靴、同じく黒くて長めの靴下を選びましょう。
③モーニングコート(葬儀のみ、通夜はNG) ジャケットとベストは黒。ズボンは黒かグレーで細いストライプ模様。シャツは白無地。ネクタイは黒無地。


【鞄】
男性は基本的に鞄は不要です。香典・ハンカチ・数珠・スマホ・財布等、スーツのポケットに入れて手ぶらで参加が一般的です。

【身だしなみ】
無精ひげはNGです。
髪型は清潔感を感じられるものが理想です。ジェル・ワックスなどでの過度なアレンジは控えましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう