身内のみの葬儀を行いたい!葬儀の内容・注意点

ひと昔前までは、身内が亡くなったことを広く告知して、近親者や友人だけでなく、ご近所の方や会社関係者など、故人にゆかりのある大勢の人たちが参列する「一般葬」と呼ばれる葬儀スタイルが主でした。しかし、葬儀のあり方が多様化した今、「身内のみの葬儀がしたい」と考える人が増えています。この記事では、身内のみで葬儀を行う方法や、葬儀の流れ、注意したいポイントについてご紹介します。

身内のみの葬儀:祭壇

身内のみの葬儀をするには

従来の大規模な葬儀では、遺族は顔も名前も知らない弔問客への挨拶やおもてなしで慌ただしく時間が経ち、故人とゆっくりお別れできないのが実情でした。葬儀の規模が大きい分、費用もそれだけかかります。また、少子高齢化社会になり、亡くなった方が高齢で呼ぶ人があまりいないというケースも多いようです。

こうした背景から、最近では身内のみで葬儀を執り行いたいという人が増えています。虚礼を廃して、身内のみでゆっくりと落ち着いたお葬式をしたいと考えているのであれば、まずは近しい親族に相談しましょう。

なぜなら、葬儀を出すご家族が「身内のみで葬儀をしたい」と思っていても、周囲に反対されることもあるからです。葬儀では喪主の意向が最優先されますが、近しい人々の意見をないがしろにしては、感情的なしこりを残してしまいかねません。あらかじめ親族の同意を得てから葬儀のスタイルを決定してください。

いざ、身内のみで葬儀をすることが決まったら、葬儀社に相談しましょう。あらかじめ場所や参列者の人数をある程度決めておくと、話がスムーズに進みます。

身内のみの場合、お通夜はしなくていいの?

葬儀の一般的な流れは、1日目の夜にお通夜を行い、2日目の午前に告別式を行う、2日間のお別れが一般的ですが、最近ではお通夜を行わない方もいます。このようなお別れのかたちを1日葬と呼びます。

そもそも、お通夜とは、葬儀においてどのような意味がある儀式なのでしょうか。葬儀でお通夜を行わないと決めた方の理由は何でしょうか。

斎場で行う葬儀が一般的になり、お通夜の意味合いが変化

お通夜は、家族や親族が、故人と最期の夜を過ごすお別れの儀式です。本来は、故人が目を覚ますことを願い、一晩中、線香の火を絶やすことなく、故人の思い出を語り合う時間でした。

しかし、時代の変化とともに、お通夜の意味合いも変わってきました。変化した理由のひとつは、葬儀を行う場所が、自宅から斎場へと移ったことにあります。

多くの斎場は、防災上の理由から、線香を絶やさない「寝ずの番」を認めていません。また、宿泊できる斎場も限られています。その結果、故人と一緒に最期の夜を過ごす家族が減っています。

また、お通夜に会社関係や近所の方も参列するようになったため、一般の方が参列しやすいよう、夕方の6時や7時から始まる「半通夜」が一般的になりました。

葬儀でお通夜を行わない三つの理由

身内のみで葬儀を行う場合、葬儀に家族の考えを反映しやすく、「寝ずの番をしない」「一般の方も参列しない」のであれば、お通夜を行わないという家族もいます。

また、次に紹介する3つの理由から、お通夜を行わないという家族も増えています。

参列者の都合が合わない

故人の家族や親族が、遠方から参列したり、仕事の都合でどうしてもお通夜と告別式に参列できない場合に、お通夜を行わないことがあります。

参列者の負担を抑えたい

高齢の参列者が多い場合に、お通夜を行わないことがあります。斎場までの移動や、長時間の参列が、体の負担になるからです。

葬儀の費用を抑えたい

お通夜にかかる費用を抑えたい場合に、お通夜を行わないことがあります。

費用を抑えながら、お通夜を行う方法もある

お通夜を行わなかった場合、行った場合と費用はどう違うのか、参列者が10名だった場合の葬儀で比べてみましょう。

比べる項目は、葬儀費用の8割を占める、花祭壇、斎場使用料、お布施、料理、返礼品、棺、配膳人の7項目です。(下記の計算は全国平均で行っています)

項目 費用を抑えられるもの
花祭壇
返礼品
斎場使用料

葬儀社手配の
僧侶のお布施(お車代・お膳料)

△10,000
お通夜料理(お清め) △32,400
人件費(配膳スタッフ) △16,200
合計 △58,600

花祭壇、返礼品、棺、斎場使用料は、費用の差がありません。斎場使用料に差がないのは、告別式だけを行うにしても、花祭壇などを用意にするために、前日から使用する必要がある為です。

葬儀社が手配した僧侶の場合は、読経が1日だけになるので、お布施に含まれている2日分のお車代10,000円が半分の5,000円、2日分のお膳料10,000円も半分の5,000円になり、合せて10,000円がマイナスになります。なお、菩提寺とお付き合いのある方は、菩提寺にお布施を確認しましょう。

お通夜料理は1人前3,240円なので、用意しない場合は10名分32,400円がマイナスになります。また、配膳スタッフを手配する必要がないので、1名分16,200円がマイナスになります。

この結果、お通夜を行わなかった場合の費用は、行った場合と比べて58,600円のマイナスになります。

遠方から参列する親族の宿泊費を家族が負担する場合は、さらに宿泊費も抑えることができます。

葬儀を行う上で、家族が大切にしている想いにかなっているのかどうかが、故人を偲ぶ心持ちにも影響します。

葬儀を行う上で、家族が重視するポイントは、故人をゆっくり偲ぶこと、参列者に配慮すること、葬儀の費用を抑えること、その人らしく見送ることと様々です。

費用を抑えながらも、故人をゆっくり偲ぶ時間を過ごすことはできます。参列者が身内だけなら、お布施(お車代・お膳料)がプラス10,000円になるだけで、お通夜を行う方法があるからです。参列者が身内だけなので、おもてなしの意味で用意する、お通夜後の料理を手配しなければいいのです。

お通夜を行うかどうか迷ったときは、何を重視するのか今一度考えた上で、葬儀社に相談してはいかがでしょうか。

葬儀の種類

一概に「葬儀」といっても、葬儀には沢山の種類があります。

社葬・合同葬

社葬は、法人(企業)が施主となって会社によって営まれる葬儀です。また、合同葬とは、故人の喪家としての葬儀と法人としての葬儀を一体合同に執り行う葬儀スタイルです。いずれも、会葬者の多い大規模な葬儀となるのが通例です。同様の大規模な葬儀としては、社会的な著名人や有名芸能人などが亡くなった際に催されることの多いお別れ会があります。

一般葬

一般葬とは、人間関係・社会関係での縁や絆を重視した伝統的な葬儀です。
家族葬のように会葬者を身内などに特定せず、故人および遺族と知己・親交のある方にも広くお知らせし参列いただきます。

喪主・遺族にとっては一時的に負担が多くなりますが、家族葬などでよくあるように、後々、会葬できなかった人が多く焼香に訪れたり、会葬できなかったことに苦言や非難を受けるなど、人間関係・社会関係に禍根が生じる心配がないというメリットがあります。

葬儀社では、概ね会葬予定者人数300名以下の規模の葬儀を一般葬と呼んでいます。葬儀の内容・進行は家族葬と変わりません。

斎場は、会葬予定者数に応じて決めることになりますが、会葬者300名までであれば、大抵の葬儀式場で対応可能です。会葬者が100名を超える場合、駐車場にテントを張り、受付スペースを確保することが多くなります。

家族葬

家族葬は、本来は家族(遺族)のみで行う葬儀という意味ですが、親戚やごく親しい方なども加えた「小規模・少人数で営む葬儀」を指すのが、一般的です。

「小規模・少人数」とは、葬儀社によって基準が異なりますが、おおむね会葬者が20~30名以下とされます。

わざわざ弔事に来て貰わなくても、という心理や核家族化の進展から、昨今の傾向から家族葬と呼ばれる小規模な葬儀は、首都圏の葬儀の約60%を占めています

会葬者を身内や親しい方に限定することで、喪主・遺族の方の精神的負担と葬儀費用の一部を軽くできるなどから、近年もっともご希望の多い葬儀スタイルです。

密葬

密葬とは、遺族・親族を中心に故人をよく知る人だけが内々に集い、広く告知することなく密やかに行う葬儀のことで、古くから行われてきた葬儀スタイルの一つです。

一日葬

一日葬とは、通常は、前日に通夜の法要をし、翌日に葬式・告別式と2日にわたって執り行われる葬儀を、通夜法要(通夜式)なしで1日で火葬まで済ませる葬儀形式です。

通夜法要(通夜式)を行いませんから、葬儀前夜の弔問・会葬者もなく、ご遺族や身内の方のみにて、故人とゆっくりお別れすることができるというメリットがあります。
喪主の方の負担も軽減されることから、最近では家族葬と共ににご希望の多い葬儀です。

直葬

直葬(ちょくそう)は、通夜も葬儀・告別式を行わず、死後のご遺体を直接火葬場へ運び、火葬・拾骨して終える葬送法です。僧侶など宗教者を喚び、火葬炉の前で簡単なお別れの儀式をすることもあるため「炉前式」や「火葬式」といった呼び方をする葬儀社もあります。

家族葬と密葬の違い

家族葬は、身内のみや親しい方のみで執り行うことから、「密葬」と混合されがちです。家族葬と密葬では何が違うのでしょうか。本来の密葬は、身内だけの葬儀を終えたあとに、一般の参列者向けに「本葬」を行うことを前提としています。一方、家族葬は、それだけが単独で行われるものです。ただし、近年では本葬をせず、密葬のみを行うケースも増えてきました。そのため現代では、家族葬と密葬の間に明確な違いはなく、同じ意味合いとなっています。

身内のみの葬儀を行う際に気を付けたいこと

身内のみの葬儀では、参列者が限定されるため、葬儀が済んだあとに多くの弔問客が自宅に訪れて、対応に追われることがあります。また「どうして葬儀に呼んでくれなかったのか」とクレームになることもあるようです。結果的に大きな負担を強いられる場合も考えられます。付き合いの広さによっては、一般葬にしたほうがよいケースもあるでしょう。

葬儀社の選び方

葬儀会社は多種多様です。それぞれに得意・不得意があります。葬儀会社によって、利益の少ない小規模な葬儀に消極的なところも少なくありません。身内のみの葬儀とわかった途端、対応が冷たくなったり、反対したりする葬儀会社もあります。たとえ低予算の葬儀であっても、親身になって相談に乗ってくれる葬儀会社を選びましょう。

身内のみの葬儀に関するお問い合わせは「贈る葬儀こころ」へ

葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「贈る葬儀こころ」へお問い合わせください。24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

お葬式やご遺体搬送のご相談など
まずはお気軽にお電話ください

携帯電話・スマホからおくるそうぎこころへ電話をかけけれます・通話料金無料でおかけいただけます0120-979-096

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう