困った時のおススメ記事

宮型霊柩車(みやがたれいきゅうしゃ)とは、霊柩車の一種。宮型を象った特殊仕様車で主として火葬場への遺体搬送に用いる。特別車。

日本国内初の霊柩車が登場したのは大正4年。元々アメリカの装飾型霊柩車の輸入から。大正9年頃に輿を荷台に載せて運んだことから造形。昭和初期から利用が増えたが戦前の利用は大都市のみ。戦後の1955年以降に全国に普及。これにより葬列が廃されるようになる。霊柩車を先頭に車を連ね火葬場へ行くことを「葬列」と称することもある。

葬儀Wiki

葬儀に関連する用語は普段は使わないものです。
なかなか耳にする事がありませんので解説致します。

数字・アルファベット

いい葬儀

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう