困った時のおススメ記事

南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)とは、阿弥陀仏に帰依(きえ)するの意。念仏ともいう。

浄土教ではこれを六字の名号と呼び、これを唱えることによって浄土に生まれることができると説く。しかし、浄土真宗では阿弥陀仏に救われた喜びのあまり、感謝の念を持って唱える報謝の念仏であると説く。

葬儀Wiki

葬儀に関連する用語は普段は使わないものです。
なかなか耳にする事がありませんので解説致します。

数字・アルファベット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう