困った時のおススメ記事
年忌法要(ねんきほうよう)とは、故人の祥月命日の内、定められた年に営まれる法要。宗旨・地域によっても異なるが法要が営まれる。
死後満一年目に行う法要を一周忌と言う。 翌年の二年を三回忌とし、その後死亡年を含めて数え、七年目に七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌まで営むのが一般的とされる。 以降は、五十回忌、百回忌となる。

葬儀Wiki

葬儀に関連する用語は普段は使わないものです。
なかなか耳にする事がありませんので解説致します。

数字・アルファベット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう