ひとりで散歩

【参考:毎日新聞】
孤独死に備える「おひとりさま信託」 三井住友信託が開始
https://mainichi.jp/articles/20191226/k00/00m/020/239000c

三井住友信託銀行は、「おひとりさま信託」の取り扱いを開始しました。日本橋営業部、新宿支店、新宿西口支店で先行して受付を開始し、順次、拡大予定です。

「万が一の時のために、今から準備できること」をメインテーマに、商品を展開。「終活」ブーム・長寿化や生涯未婚率の上昇で、1人暮らしの高齢者が増えたことによる「単身者の孤独死」に備え、葬儀や遺品整理など死後の身の回りの事務を一括して引き受ける信託商品となっています。一般社団法人安心サポートと連携し、三井住友信託の信託機能と死後の身の回りのことに対する実務を融合させ、サポートします。

  • 葬儀・埋葬
  • デジタル遺品の消去
  • 家財などの整理
  • 訃報連絡
  • 残されたペットの事

等、死後の必要事務の一括代行が可能です。

契約内容

【お申込金額】300万円~
【銀行への支払い】

契約時 3万3,000円(税込)
死亡時 11万円(税込)
その他 契約期間年数(1年未満切捨)×6,600円(税込)

信託財産から、上記を差し引いた金額を葬儀の費用などに充て、残金は契約者が生前に指定した先に渡します。
(例)70歳で契約し100歳で死亡した場合 3.3万+11万+(30年×0.66万)=34万1000円

付帯のサービス
  1. エンディングノートの保管
    契約時に作成必須となり、死後事務の目録(リスト)として利用します。電子化し、信託終了時まで保管します。(現在紙媒体。電子化は2020年4月以降にスタート予定)
  2. SMS安否確認
    定期的に安否確認のためのメールを送信し、返信がない場合は契約者の自宅に駆けつけて確認します。(2020年4月以降にスタート予定)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう