困った時のおススメ記事
納棺(のうかん)とは、枕経の後、通夜前に遺族や親族の手で、遺体を棺に納めること。その際、故人が生前、大切にしていた物を入れることもあります。地域・宗旨によっては僧侶によって納棺経(のうかんきょう)を上げてもらい、読経の中で納棺することや蓋の上に金襴の布をかける場合もある。

葬儀Wiki

葬儀に関連する用語は普段は使わないものです。
なかなか耳にする事がありませんので解説致します。

数字・アルファベット

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう