困った時のおススメ記事
お棺(おかん)

お棺(おかん)とは、死者を葬るときに遺体を納める容器。

お棺のサイズは、火葬場の火葬炉の関係で最大寸法が決まっています。材質には檜(ひのき)、もみ、きり、ベニヤ合板・段ボール製などいろいろあります。=柩(ひつぎ)

お棺の形状について

アール棺(あーるかん)

棺の種類の一つで、蓋にあたる上部が曲線を帯びている形状のものをいいます。棺には、その素材や仕様によってさまざまな種類があります。アール棺は蓋の部分の形状による呼び名です。 ふたが平らな平棺に比べて、柔らかい印象があります。 アール棺のなかにも、アールインロー棺(蓋が印籠のように二段にはめ込む形状のもので蓋が曲線の棺)、桐アール蓋棺(桐でできたもので蓋が曲線の棺)などがあります。 蓋の形状や仕様で呼び名がついている棺には、アール棺の他にも、平棺、山型棺、インロー棺などがあります

インロー棺(いんろーかん)

ふたの端の部分が二段になっていて、棺本体にかぶさるように作られている棺のことをいいます。
ふたが平らな棺を平棺といいますが、ふたに装飾を施すことで、アール棺や、山型棺などがあり、インロー棺もふたに装飾を加わえることで、重厚感を出した形式のものをいいます。 印籠の名の通り、印籠のふたが重なり合っているところから、名前がついたといわれています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう