困った時のおススメ記事
お水取り(おみずとり)

お水取り(おみずとり)とは、現在では3月1日~3月14日の2週間の間行われる法会をいう。もとは旧暦の2月1日から行われていたので、2月に修する法会という意味をこめて「修二会」と呼ばれるようになったとされる。

由来

二月堂縁起に、 「実忠和尚(じっちゅうかしょう)二七ヶ日夜の行法の間、来臨影向の諸神一万三千七百余座、その名をしるして神名帳を定(さだめ)しに、若狭国(わかさのくに)に遠敷(おにう)明神と云う神います。遠敷河を領して魚を取りて遅参す。神、是をなげきいたみて、其をこたりに、道場のほとりに香水を出して奉るべきよしを、懇(ねんごろに)に和尚にしめし給ひしかば、黒白二の鵜(う)、にはかに岩の中より飛出(とびいで)て、かたはらの樹にゐる。その二の跡より、いみじくたぐひなき甘泉わき出(いで)たり。石をたたみて閼伽井とす」とあり、魚を採っていて二月堂への参集に遅れた若狭の国の遠敷明神が二月堂のほとりに清水を涌き出ださせ観音さまに奉ったという。

お水取りが終わる時期を境に春がきて温かくなると奈良の方は言われています。

華厳宗大本山 東大寺
所 在 地 〒630-8587 奈良県奈良市雑司町406-1
T E L 0742-22-5511
F A X 0742-22-0808
参拝時間
  • 4~10月 7:30 - 17:30
  • 11~3月 8:00 - 17:00
公式HP http://www.todaiji.or.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう