最後のお別れ(1)で

・預かり安置(ご遺体安置所での安置)の場合
 病院もしくはご自宅に故人様をお迎えに伺った際が、故人様のお顔を見ての最後のお別れとなる場合があります

という注意をお伝えしました。

直葬・火葬式のデメリットがこの点です。

逆に直葬・火葬式でも、ご自宅安置の場合は、故人様とゆっくりと時間をかけて最後のお別れができます。

ご自宅で3日間(もしくはそれ以上)過ごされる場合は、湯灌サービス(別途、64,800円の追加料金がかかります)も提供しております。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう