困った時のおススメ記事

来迎(らいごう)とは、仏・菩薩が死者の魂を迎えにくること。

特に念仏行者の臨終に際し、阿弥陀仏が諸菩薩とともに雲に乗り死者を迎えに来て、極楽浄土に導くことを言う。かつて阿弥陀仏像の手に五色の糸を掛け、これを自らの手に持ち、阿弥陀の来迎を待つ「臨終行儀」が重視された。

真宗の教義では臨終来迎を必要とせず、また浄土宗西山派では阿弥陀仏の救済の働きを来迎といっている。

葬儀Wiki

葬儀に関連する用語は普段は使わないものです。
なかなか耳にする事がありませんので解説致します。

数字・アルファベット

いい葬儀

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう