檀家(だんか)になっているお寺さんから離れ、檀家をやめることを離檀(りだん)といいます。

この際、お寺側が今まで世話をしてきた感謝料として金銭を求める場合があるものを離檀料という。ただ、全てのお寺さんで求められるわけではなく、金額に定めのないお布施の指針として使われる場合もありますが、一部には高額な離檀料を請求されたとしてトラブルになるケースも発生している。

おすすめの記事