臨終(りんじゅう)とは、人が息を引き取ろうとするとき、または息を引き取った直後のことをいう。

仏式では末期の水を取り、表の戸口に忌中札が貼られる。神道では、臨終とともに、神棚に向かい祖霊に対し、死を報告。扉を閉ざして半紙などの白い紙を貼り封をする。

キリスト教では、カトリックの場合、枕もとに神父を招き告解と塗油の秘跡を行う。プロテスタントでは、牧師を呼び、納棺式を行う。なお現在はほとんどの場合が病院で息を引き取るため、臨終は、医師の立会いのもとで行われる。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう