贈る葬儀こころ

臨済宗(りんざいしゅう)

【ご本尊】釈迦牟尼仏
【宗祖】栄西禅師
臨済宗(りんざいしゅう)とは、禅宗の一派で、我が国には鎌倉時代に栄西(えいさい)が入宗してこれを伝えた。
特定の経典はなく、 主に般若心経・観音経・大悲呪・座禅和讃など 中国禅宗五家(臨済、潙仰、曹洞、雲門、法眼)のひとつで、唐の臨済義玄(? - 867年)を宗祖とする。彼は『喝の臨済』『臨済将軍』の異名で知られ、豪放な家風を特徴として中国禅興隆の頂点を極めた。
現在の日本の臨済宗は江戸時代に白隠が再興したもので、唐代とは大きく異なり、公案に参究することにより見性しようとする看話禅(かんなぜん)に変貌を遂げている。この家風は、坐禅に徹する曹洞宗の黙照禅と比較されることがある。日本の上流階級の間に栄え、五山文学や絵画・茶道などの文化を育てた。
本山は京都の妙心寺で、金閣寺、銀閣寺、竜安寺、西芳寺、大徳寺なども臨済宗の寺院。鎌倉では円覚寺が有名。

葬儀に関連する用語は普段は使わないものです。
なかなか耳にする事がありませんので解説致します。

数字・アルファベット