六地蔵(ろくじぞう)とは、地蔵菩薩の像を6体並べて祀った地蔵のことをいう。

六地蔵

仏教の六道輪廻の思想(全ての生命は6種の世界に生まれ変わりを繰り返すとする)に基づき、六道のそれぞれを6種の地蔵が救うとする説から生まれたものである。に基づき、六道のそれぞれを6種の地蔵が救うとする説から生まれたものである。

[amazonjs asin="B00TJRY4XO" locale="JP" title="地蔵前掛け紅色5枚組"]

六地蔵の個々の名称については一定はしていない。地獄道(じごくどう)、餓鬼道(がきどう)、畜生道(ちくしょうどう)、修羅道(しゅらどう)、人道(にんげんどう)、天道(てんどう)の順に檀陀(だんだ)地蔵、宝珠地蔵、宝印地蔵、持地地蔵、除蓋障(じょがいしょう)地蔵、日光地蔵と称する場合と、それぞれを金剛願地蔵、金剛宝地蔵、金剛悲地蔵、金剛幢地蔵、放光王地蔵、預天賀地蔵と称する場合が多いが、文献によっては以上のいずれとも異なる名称を挙げている物もある。

像容は合掌のほか、蓮華(れんげ)、錫杖(しゃくじょう)、花篭(はなかご)、香炉(こうろ)、幢(かね)、数珠(じゅず)、宝珠(ほうじゅ)などを持物とするが、持物と呼称は必ずしも統一されていない。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう