困った時のおススメ記事

六輝(ろっき)とは、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種の暦。六曜(ろくよう)とも言う。

6種の暦の意味や読み方

先勝

「先んずれば即ち勝つ」の意味。
「せんしょう」「せんかち」「さきがち」「さきかち」

友引

「凶事に友を引く」の意味。かつては「勝負なき日と知るべし」といわれ、勝負事で何事も引き分けになる日、つまり「共引」とされており、現在のような意味はなかった。陰陽道で、ある日ある方向に事を行うと災いが友に及ぶとする「友引日」というものがあり、これが六曜の友引と混同されたものと考えられている。

葬式を行うと、友が冥土に引き寄せられるとの俗習があり、友引の日は火葬場を休業とするのが火葬場もある。しかし、六曜は仏教とは本来関係がないため、友引でも葬儀をする地域・宗派(浄土真宗)がある。また、火葬場での友引休業を廃止する自治体も増えている。
「ともびき」

先負

「先んずれば即ち負ける」の意味。
「せんぶ」「せんぷ」「せんまけ」「さきまけ」

仏滅

「仏も滅するような大凶日」の意味
「ぶつめつ」

大安

「大いに安し」の意味。
「たいあん」「だいあん」

赤口

陰陽道の「赤舌日」という凶日に由来する。
「しゃっこう」「しゃっく」「じゃっく」「じゃっこう」「せきぐち」

葬儀Wiki

葬儀に関連する用語は普段は使わないものです。
なかなか耳にする事がありませんので解説致します。

数字・アルファベット

いい葬儀

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう