贈る葬儀こころ

死亡広告(しぼうこうこく)

死亡広告(しぼうこうこく)とは、遺族などが新聞等に依頼し掲載、告知する広告のことをいい、「お悔やみ欄」と呼ばれることもあります。新聞社が記事として掲載する”死亡記事”とは異なります。

死亡広告欄には通常、物故者の死亡年月、享年、自宅といった基本的な情報のほか、葬儀日程や葬儀場所、喪主の名が記載されますが、どこまで情報を掲載するかは、ご遺族と葬儀社の担当者または死亡広告の担当者が打ち合わせて決定します。

死亡広告と対として、葬儀が終わった後に、会葬の御礼として広告を出す場合もあります。

また、葬儀は密葬で終えたとして葬儀後に告知の意味で出す死亡広告もあります。この場合は、供物、献花、香典などを辞退したいという故人の遺志であることも多いです。