困った時のおススメ記事
死に水(しにみず)

死に水(しにみず)とは、亡くなったばかりの死者の口に人生最後の水をふくませること。

一般的には遺体を病院から移動してきた先で、葬儀業者が準備して行われます。

新しい脱脂綿あるいはガーゼを割り箸の先に固定させたものや、新しい筆先に水をふくませて口を潤します。

死者が水を飲めば命が蘇るのではないかという願いから始まった習慣とも言われています。そのため地方によっては、特別な場所から汲んだ水を使用する習慣もあるといいます。樒の葉や菊の葉に水をつけて行う地方もあるといいます。死に水を取るのは、配偶者、子どもなどの血縁の濃い人から順に行なうとされています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう