困った時のおススメ記事
葬祭ディレクター技能審査協会

葬祭ディレクター技能審査協会(そうさいでぃれくたーきょうかい)とは、1995年に設立。主に葬祭ディレクターの育成や技能審査試験の運営・管理。

葬祭業界に働く人にとって必要な知識や技能のレベルを審査し、認定する制度です。

葬祭業界に働く人々の、より一層の知識・技能の向上を図ることと併せて、社会的地位の向上を図ることを目的としています。

高齢社会を迎え、葬祭業務の社会的重要性が高まるとともに、葬祭サービスが、消費者の身になり、消費者の視線に立っての、細やかで専門性をもったものであることが求められています。

葬祭サービスを提供するに相応しい人材であるかを総合的かつ客観的に評価する本制度が重要な役割を担っています。

 認定制度と知りながら、国家資格と堂々と書いている葬儀社のホームページやカタログがありますが、そのような葬儀社さんへ依頼するのはオススメできません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう