困った時のおススメ記事
初七日(しょなのか)

初七日(しょなのか)とは、亡くなった日から数えて七日目。

または、その日の供養。最近では、家庭事情などで告別式当日に初七日の法要を済ませてしまうことが多くなっている。

荒火明け(あらびあけ)・精進払などと呼び、この日まで家にこもり葬式の事を行っていた喪家の親族一同が、近隣の者とともに酒飯を食する日。葬事の終了を意味する日でもある。生活を平常に戻したり骨を墓に納めたりする地方もある。(地域や宗旨によって亡くなった日の前日より計算する場合もある。)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう