困った時のおススメ記事
宗教法人(しゅうきょうほうじん)

宗教法人(しゅうきょうほうじん)とは、教義をひろめ儀式行事を行い及び信者を教化育成することを主たる目的とする団体。「宗教団体」が宗教法人法(昭和二十六年四月三日法律第百二十六号)にもとづいて都道府県知事若しくは文部科学大臣の認証を経て法人格を取得。

宗教法人には、神社、寺院、教会などのように礼拝の施設を備える「単位宗教法人」と、宗派、教派、教団のように神社、寺院、教会などを傘下に持つ「包括宗教法人」があります。単位宗教法人のうち包括宗教法人の傘下にある宗教法人を「被包括宗教法人」傘下にないものを「単立宗教法人」といいます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう