困った時のおススメ記事
日常生活を送るうえで、睡眠はどのように重要なのか調べて見ました

人間は、人生のおよそ3分の1の時間を睡眠に費やしているといわれています。その時間を通して、一日の心身の疲れを癒しているというのが一般的な考えですが、こうした「体をやすめる」役割に加えて、「記憶を定着させる」、睡眠中に分泌される成長ホルモンによって「ケガの修復・成長」を図る。また、「免疫力を高める」などの効果もわかっています。

ところが、日本の今、睡眠の時間が減っています。2014年(平成26年)に経済協力開発機構(OECD)が29ヶ国に対して行った調査では、韓国に次いで2番目に少ない結果となりました。実際、日本人の5人に1人は不眠を感じているといいます。

インターネットで購入できる、オーダーメイド枕【まくらる。】

なぜ?睡眠時間が減ったのでしょうか

社会全体が24時間、活動を続けるようになったことが背景にあります。NHKの「国民生活時間調査報告書」では、日本人の睡眠は、時間が減ったのと軌を一にして、午後10時の睡眠者率も減少。2015年の調査でも低い比率のままです。

つまり、遅い時間まで起きているケースが多くなっているのです。

十分な睡眠が取れない場合、どのような弊害が生じるのでしょう

人間の眠気は、午後2~4時頃に弱いピークがあり、午前2~4時頃に強いピークがあります。

イタリアでの調査では、眠気と交通事故には相関関係があり、最も眠気が強い午前2~4時は、事故数も最も多くなっています。こうした交通事故、睡眠時間の不足を原因とする遅刻、欠勤などを加えると、国内の経済損失額は3兆5000億円近いとの試算もあります。

睡眠の不足による健康リスクは、生活習慣病ともいわれる糖尿病や高血圧にも認められます。睡眠時間を削ると、耐糖能(血糖値を正常に保つためのブドウ糖の処理能力)が低下して血糖値が増加。また、レプチンという食欲をコントロールする体内の物質が低下して食欲が増し、体重が増加することが報告されています。

健康な生活のためには、栄養や運動ばかりでなく、睡眠も重要な役割を果たしているのです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう