贈る葬儀こころ

灯明(とうみょう)

灯明(とうみょう)とは、神仏に供えるともしび。

灯明は、かつては松の油を用いた松灯台だったが、今日では燭台・輪灯・灯篭が使われている。輪灯や灯篭は油皿にイグサからとったとトシビという芯を入れて燃やす。

葬儀に関連する用語は普段は使わないものです。
なかなか耳にする事がありませんので解説致します。

数字・アルファベット