困った時のおススメ記事
氏子(うじこ)

氏子(うじこ)とは、同じ地域(集落)に住む人々が共同で祀る神道(しんとう)の神を信仰する者同士をさす。神道の信者の総称。

元来は、文字通り氏姓を同じくする氏族の間で、自らの祖神(親神)や、氏族に縁の深い神様を氏神と称して祀ったことに由来し、この血縁的集団を氏子と呼んでいました。

平安時代以降になると、一族だけにとどまらず、その氏族と一緒に生活している者を含めて、地縁的関係についても、次第に氏神・氏子という呼び方が、混同して用いられるようになりました。

また中世以降には、氏神さまの周りで生活して、祭礼に参加する人のことを氏子と呼ぶようになり、その頃からすでに鎮守の神様も、産土神もすべて氏神様として、地域全体でおまつりするようになったといわれています。 氏子は、氏神様が育てている子という意味もあります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう