火葬場でのお困りごと
困った時のおススメ記事
グリーフケア
仏教では命日を含め49日間を中陰と言い、死者の弔いでは極めて重要な時期として位置づけている。
死去した日を入れて、7日ごとに法事を行う。
7日目が初七日(しょなのか)
14日目が二七日(ふたなのか)
21日目が三七日(みつなのか)
28日目が四七日(よなのか)
35日目が五七日(いつなのか)
42日目が六七日(むつなのか)
最後の49日目が七七日(しちしちひ)といい、満中陰(まんちゅういん)となる。
この49日間を忌中といい、遺族は身を慎んで死者の弔いに専念すべきとされる。

葬儀Wiki

葬儀に関連する用語は普段は使わないものです。
なかなか耳にする事がありませんので解説致します。

数字・アルファベット

いい葬儀

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう