依代(よりしろ)とは、神や霊が出現するための媒体となる樹木、石、御幣のこと。

樹木は古くから降霊の対象として信仰されていた。榊が玉串として神事で用いられているのはよく知られている。そのほか、鏡、剣、祀りの場を表示する旗、のぼりなども、「神依り木」の観念にもとづいている。広くは位牌、墓石も依り代の一種。

おすすめの記事