困った時のおススメ記事

遺言(ゆいごん)とは、自らの死後(しご)のために遺した言葉や文章をいう。

自分の死後、相続分の指定、認知などについて、法律的に効力を持たせるには、一定の方式にしたがって行う意思表示。自分で作っておく遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の三つの方式がある。

死後、遺言書が発見されたら、できるだけ早く家庭裁判所に提出し検認を受ける。封印がある遺言書の場合、裁判所で相続人または代理人立会いのもとで開封される。遺言がなかった場合には、法律で決められた相続分で財産を割り当てることができる。法律用語では「いごん」という。

葬儀Wiki

葬儀に関連する用語は普段は使わないものです。
なかなか耳にする事がありませんので解説致します。

数字・アルファベット

いい葬儀

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう